まあー、ちょっと立ち寄ってちょ。

海外在住の青年が織り成す日常模様。

シンガポールチャンギ国際空港第2ターミナルを歩いてみた。

みなさん、こんにちは。

 

Coszaemonです。

 

f:id:masayan0623:20190217125642j:image

 

昨夜シンガポールに戻りました。

東京に3日間滞在しましたが、

やっぱり気温差は身体にこたえますねー。

5℃と31℃ですから、、、

人間の体温調節機能は素晴らしい!

 

というわけで、また月末か来月初旬に

戻りまーす。

 

さて、今回は毎月お世話になっている

シンガポールの玄関、チャンギ空港

第2ターミナルをご紹介いたします。

 

チャンギは毎年行われる世界の便利な

空港ランキングで上位を獲得する程の

ハイクオリティーな空港。2018年の

利用者が6500万人で過去最高を突破。

2年前の10月にターミナル4が完成し、

ますます利用者を呼び込んでおります。

 

ターミナル2の特徴は出発階にある

この掲示板。”カタカタカタ”って音が

鳴ってフライト情報が絶えず更新されて

いくのがクラシック。今や電光掲示

主流ですから。

 

 

f:id:masayan0623:20190217130658j:image

 

出発の保安検査場入り口。

まだまだチャイニーズニューイヤーの

お祝いムード。”福”が乗客の皆様を

お出迎え。

 

f:id:masayan0623:20190217131247j:image

 

f:id:masayan0623:20190217131550j:image

 

チャンギの凄いところは出発は

もちろんのこと、シンガポール

戻ってからも制限エリア内にある

免税店、コンビニ、カフェに立ち寄れる点。

日本の空港ならば、免税店は

おろか税関を抜けないとお店自体が

ない場所ばかり、、、

 

f:id:masayan0623:20190217131559j:image

 

乗り継ぎカウンターも分かりやすい

場所にあり、担当の係員も常駐して

いるので乗り継ぎで来た方も次の

フライトに迷うことはないかと思います。

 

f:id:masayan0623:20190217131743j:image

 

f:id:masayan0623:20190217131855j:image 

 

f:id:masayan0623:20190217131909j:image

 

そして、庭園まであります。

これには正直びっくり。笑

鯉にえさもあげることができるので、

ラウンジに入らなくても、十分

搭乗時間までを充実して過ごせます。

 

f:id:masayan0623:20190217132913j:image

 

到着のイミグレーション。

他の空港はお客様を並ばせるために

仕切りテープで列を乱れないよう

調整しますが、ここは広々としている

ため、その必要なし。時間帯によっては

少々並ぶこともありますが、大半の時間は

すぐに入国審査を受けることができます。

(これより先は撮影禁止のため、ギリギリの

場所で撮影)

 

f:id:masayan0623:20190217132109j:image

 

f:id:masayan0623:20190217132607j:image

 

到着のイミグレーションを抜けて、

スーツケースを受け取るカルーセル

に免税店が併設されてます。

フライト前にお酒や化粧品、香水を

買い忘れてもここで調達できるのでひと安心。

 

というわけで、チャンギの第2ターミナルを

レポートしました。まだまだネタはありますが、第2以外のターミナルと併せて

また次回以降にやります。

 

では、またー。