まあー、ちょっと立ち寄ってちょ。

海外在住の青年が織り成す日常模様。

インドネシア、バタム島に潜入してみた(ナゴヤ地区、1日目到着後〜ディナー)

みなさん、こんにちは。

 

Coszaemonです。

 

インドネシアはバタム島に

滞在しております。

早朝よりコーランのお祈りが

目覚ましとなっています。

さすがイスラム教の国。

 

さて、本題です。今回は

バタム島ナゴヤ地区滞在1日目

をレポいたします。

 

ゴヤ?はい、あの名古屋です。

第二次大戦中に日本軍が一時期

バタムに駐屯していた時期に

名前が付けられ以後定着しました。

 

f:id:masayan0623:20190302085938j:image

 

f:id:masayan0623:20190302090201j:image

 

フェリー乗り場からは

タクシーを利用。約10分ぐらい

かかりました。タクシー代は

固定料金で250円ぐらい。

シンガと同じくらい。

 

正直、バタムは道路が汚くて

ゴミもたくさん落ちている

箇所が目につきました。

シンガポールが比較的

綺麗だからそう見えるのか。

 

f:id:masayan0623:20190302090647j:image

 

見えてきました。

今回泊まる予定の

アリウムバタムホテルです。

朝食つきのプランをBooking.comで

予約しました。

 

f:id:masayan0623:20190302091138j:image

 

チェックイン開始2時間前に

着きましたが、アーリーチェックイン

ですぐにお部屋に案内してもらえ

ました。

1泊日本円で約4000円。

悪くないクオリティ。

 

f:id:masayan0623:20190302091424j:image

 

部屋からはナゴヤの町なみが

一望。日本の名古屋とは似ても

似つかない風景。笑

チェックインの際、

たまたま隣にいた台湾人の

おばさんから正面に見えるエリアが

バタムで1番治安が悪いようで

スリに注意するよう促されました。

 

まじかー??

 

ホテルから歩いて2分ぐらいじゃん!

 

一瞬焦る。

 

f:id:masayan0623:20190302091902j:image

 

ホテルから向かって左側に

行けばセーフだと説明され、

とりあえず安堵。

 

f:id:masayan0623:20190302092329j:image

 

ホテルで少し休憩してから

早速町散歩開始です。町には

今年4月に実施される大統領選の

ポスターが至るところに貼られて

います。昨年の8月からキャンペーンが

始まっているらしくインドネシア

一大政治イベントであることが

よく分かります。

 

f:id:masayan0623:20190302092956j:image

 

約15分歩くと見えてきました、

ゴヤで1番大きなショッピングセンター

であるNagoya hill shopping center。

近くでみるとそれなりに迫力のある

外観をしてます。

 

f:id:masayan0623:20190302093428j:image

 

周辺も店舗が多く、商業地域である

ことが分かります。

 

f:id:masayan0623:20190302093655j:image

 

モールは3 階建てで広い!

1階には家電、スーパー、

ドラッグストアやカフェがあり、

2階には服やおもちゃ、3階には

レストランが並んでいます。

 

f:id:masayan0623:20190302094259j:image

 

シンガにもある、メイドインジャパン

扱うメイソウもこの通り、入ってました!

 

f:id:masayan0623:20190302094726j:image

 

ディナーはこのお店で

ナシゴレンを注文。

 

f:id:masayan0623:20190302094823j:image

 

オリジナルのナシゴレン

コンソメベースの味付け。

もっともシンプルな味で

食べやすい!

 

f:id:masayan0623:20190302094942j:image

 

続いてシーフードタイプ。

こちらはエビの風味が効いて、

これまた美味。オリジナルとは

また違った味わいが楽しめます。

 

f:id:masayan0623:20190302100314j:image

 

イカジュースと合わせて

3品でお会計が日本円で約800円。

 

Are you sure?

 

思わず言ってしまいました。

激安!

シンガでも2000円近くはするのに、、、

 

というわけで、今回はバタム

ゴヤ地区潜入後、

1日目をお届けいたしました。

 

では、また。