まあー、ちょっと立ち寄ってちょ。

海外在住の青年が織り成す日常模様。

チャンギ空港ターミナル4に潜入してみた。

みなさん、こんにちは。

 

Coszaemon です。

 

f:id:masayan0623:20190306113626j:image

 

今日の愛知は昨日の雨から一気に快晴。

しかし、肌寒さを感じますねー。

朝晩もまだまだ寒いので

ストーブは外せません。涙。

 

さて、本題です。

今回はチャンギ空港ターミナル4

のラウンジ以外の雰囲気を

ご紹介したいと思います。

 

前回の記事でも書きましたが、

ターミナル4は2017年の10月にオープン。

まだまだ至る所に新しさの残る

ターミナルです。

 

チェックインカウンターは3階。

今回の日本行きは大韓航空を利用。

カウンターは広々として混雑時にも

ストレスなくような作りになっています。

 

f:id:masayan0623:20190306114246j:image

 

今回はマイレージビジネスクラスを予約。

Sky priority レーンよりチェックインしました。

大韓航空はまだチェックインは有人対応が

中心ですが、隣のキャセイ

オートメーション化されて

チェックインからスーツケースに

タグをつけて預ける手続きまで

全てセルフサービスになっていました。

 

f:id:masayan0623:20190306114958j:image

 

f:id:masayan0623:20190306115054j:image

 

保安検査所までの道のり。

今のところはスタバ。スタバは本当に

どこにでもありますねー。それ以外は

小さなパン屋と両替所があるくらい。

その点まだまだ華やかさには欠けます。

 

f:id:masayan0623:20190306114913j:image

 

出国は全てAI。出国検査官は全く

いません。アシストするスタッフが

2-3名がいるだけです。

パスポートをスキャンして

搭乗券についているQRコードをかざすだけ。

日本の空港もこの流れに

なっていくでしょーねー。

 

f:id:masayan0623:20190306120623j:image

 

f:id:masayan0623:20190306120615j:image

 

出国検査も大変スムーズ。

サクっと完了します。

 

すぐに見えてくるのがDuty freeコーナー。

よく見かけるブランドが所狭しと陳列

されてます。Tax freeでもさほど空港の

Duty freeで買い物は全然しませーん!

 

f:id:masayan0623:20190306121633j:image

 

チャンギ空港には宝くじに似た

ミリオネアスロットがあります。 

100万ドルはシンガポールドル

ですから、日本円で約8200万です。

買い物したレシート1枚につき、

1回チャレンジできます。

何度かチャレンジしましたが、未だ

当たりません。笑

(当たっていたらブログ書いてませんしー)

 

今回は買い物しなかったので、

チャレンジできませんが、

これからも夢を追い続けますよー笑

 

展示のジャガーも乗ってみたい!

 

f:id:masayan0623:20190306230957j:image

 

今回ラウンジにしばらく滞在しましたが、

搭乗ゲートでも十分くつろげます。

こんなチェアーがゴロゴロあるんです。

 

f:id:masayan0623:20190306231409j:image

 

こんなのも。

実際座ってみたのですが、

めっちゃ座りやすい!

 

f:id:masayan0623:20190306231656j:image

 

デザインも斬新!

長時間座ってもお尻痛くなりません!

まさに快適❗️

 

というわけで、今回はチャンギ空港

ターミナル4をレポしました。

 

では、また。