まあー、ちょっと立ち寄ってちょ。

海外在住の青年が織り成す日常模様。

ミスタービーンで大判焼きとソイビーンアイスを食べてみた。

みなさん、こんにちは。

 

Coszaemon です。

 

 

はじめに

本日のシンガポールは灼熱の

夏模様。

気温はすでに30℃超えてます。

 

f:id:masayan0623:20190211130906p:image

 

また、日本は雪とか?

積もらないことを祈ってます。

 

f:id:masayan0623:20190211131440j:image

 

ミスタービーンについて

さて、今回はシンガポールに

チェーン展開するミスタービーンに

潜入。

好きメニューをご紹介していきます。

 

このミスタービーン、シンガポールに

1995に誕生。アジアを中心に50店舗

以上展開。

(日本にも関東中心に店舗が

あるみたいですが、未だ見かけず、、、)

ソイビーンに代表される大豆を

使ったメニューでショッピングモールや

駅チカに店舗を構える。

 

f:id:masayan0623:20190211132014j:image

 

気になる価格は

商品は

日本円で約120円〜300円ぐらいが

ほとんどのため、

幅広い層からの人気を得ています。

 

f:id:masayan0623:20190211132004j:image

 

安い!看板メニューの大判焼き

ここの看板メニューが大判焼き。

一つ120円ぐらいで非常にチープ。

かつ、大豆ベースの生地がしっかり

しているので歯ごたえがあります。 

味はあんこ、カヤ、チョコレート

といった甘系からエッグ、ツナ、

ハム味まで多彩。

 

勝手に大判焼きやランキング

ここで、勝手に大判焼きランキングを

行いまーす。

 

3位 ヘーゼルナッツ

f:id:masayan0623:20190211132438j:image

ヘーゼルナッツのビターな

味が生地の食感とマッチ。 

かつ、チョコレートもくどさなし。

出来立てで食べる場合は

半分に割ろうとするとチョコレートが

飛び出してくるので、その点が注意。

 

2位 カヤチーズ

 

f:id:masayan0623:20190211134216j:image

 

シンガポールと言えばカヤ。

ココナッツミルクに卵、砂糖を

加えて作られ、お土産にも人気な

カヤジャムにチーズを合わせた味。

この味はカヤの甘さが途中で

チーズのクリーミーさと合体して

独特なハーモニーを奏でます。

観光客には特に人気の一品。

 

1位 あんこ

 

f:id:masayan0623:20190211133443j:image

 

これぞ、元祖大判焼。

まさに日本の味です。

あんは粒あんのみですが、

個人的には問題なし。

鉄板です。

 

f:id:masayan0623:20190211134027j:image

 

ソイビーンをつかったソフトクリームもオススメ!

もう一つ、ご紹介したいのが

ソイビーン(大豆)のソフトクリーム。

見た目普通のソフト。

しかし、味はしっかり大豆が

自己主張してます。

これで日本円160円は安い!

(ちなみに、以前日系の

アイスクリーム屋さんで買った

ソフトクリームが日本円400円ぐらい

しました。)

 

というわけで本日は安価で気軽に

立ち寄れるミスタービーンに潜入、

看板メニューの大判焼きとソイビーン

ソフトクリームをリサーチしたレポ

でした。

 

店舗情報

最後に店舗情報です。

 

では、また。