まあー、ちょっと立ち寄ってちょ。

海外在住の青年が織り成す日常模様。

Stuff’dに潜入して野菜ボックスをオーダーしてみた。

みなさん、こんにちは。

 

Cosazemonです。

 

今日のシンガは晴れ時々薄曇り。

風も爽やかで気持ちいい朝です。

 

今日は1日フリー。

これから外出してブログネタを探しに行ってきまーす。

 

f:id:masayan0623:20190316130636j:image

 

さて、今回はシンガ全域に29店舗と

広く展開しているstuff’dをレポします。

 

Stuff’dでは素材を吟味した野菜中心の

食材を駆使してバライティーに富んだ

メニューを提供。

 

〝ヘルシーかつローカロリー〝、

無添加油で消化にも優しい〝

〝高タンパク〝といったフレーズ

 

がすでに浸透してかランチタイムを

中心に多くのお客様で列が出来ます。

食事するスペースはなく、全てテイクアウト

になります。

 

f:id:masayan0623:20190316132636j:image

 

まず目にするのがこのケバブ

ドネルケバブと呼ばれ、味付けした肉を重ねて固まりに回転させながら焼いたものを削ぎ切って食べます。この形をしながらぐるぐる回って存在感を放っています。

 

ケバブトルコ語から来ているようで、

中東中心に肉、野菜、魚を焼いたものを

そう呼びます。肉は宗教上豚肉以外は

使われます。地域によって羊やアヒル

肉が用いられることがあります。

 

食べ方もじつに多様。定番は串に刺して

ローストする方法。焼き鳥に近いですかね。

トルコでは、串焼きのケバブのほか、

ヨーグルトと合わせる

〝イスケンデルケバブ〝も広く

食されているとか。

 

このように様々な形で調理された肉を

ケバブと総称されているみたいです。

焼く代わりに煮込んだり、揚げたり、

蒸したりする肉料理を〝カバブ〝と

呼ばれることがあります。

 

f:id:masayan0623:20190317100958j:image

 

ケバブを語りすぎましたー。笑

その他stuff’dでは、メキシコ料理に

よくあるトルティーヤで包んだタコス、

また巻いて食べるブリトーも注文できます。

また、よく似た食べものとして

トルティーヤに具を入れて平たく

焼き上げるケサディラも売られています。

トルティーヤ大活躍ですなー❗️

 

f:id:masayan0623:20190317102849j:image

 

トルティーヤ以外ならば、

野菜を詰め込んだデイリーボール

というメニューがあります。

ベジタリアン向けのメニュー。

僕はいつもこれを注文してます。

 

まず野菜からセレクトします。

トマト、レタス、たまねぎ、きゅうり

全部の野菜をいつもバランス良く

入れてもらえます。

 

f:id:masayan0623:20190317103524j:image

 

次にソースのセレクト。

7種類の中から2種類かけられます。

辛いのはダメなため、いつも6種類から

選んでます。1番合うのがスモーキー

バーべキューです。味にアクセントが

つきます。今回もバーベキューをオーダー。

 

f:id:masayan0623:20190317104301j:image

 

ソースを選んだら野菜以外の

メインディッシュにうつります。

チキン、ビーフ、サーモン、

ベジタリアン向けにブロッコリー

グリーンビーンズ、パプリカなどから

チョイスします。

色々試してみた結果、チキンが

1番美味しいと感じたので今回も

チキンを選択。

 

トッピングもコーンや小麦粉からできた

粒状の食べ物で〝乾燥パスタ〝と

言われているクスクス、そして蕎麦やライスも

用意されてます。野菜中心が好きなので

クスクスとライスを追加してみました。

 

f:id:masayan0623:20190317105744j:image

 

中身はこんな感じです。

ボリューム大です。

十分お腹を満たすことができます。

この量で6.8ドル。日本円で約560円ぐらい。

そこまで高くない❗️

 

ということで、今回はシンガには

メジャーなお店stuff’dに潜入したレポでした。

 

最後に店舗情報です。

 

では、また。