まあー、ちょっと立ち寄ってちょ。

海外在住の青年が織り成す日常模様。

ブギスジャンクションにあるBelle Villeに潜入してパンケーキを食べてきた。

みなさん、こんにちは。

 

Coszaemonです。

 

今日のシンガポールは朝から快晴。

外に出るとこの時間からかなり暑いです。

昨日は夕立がなかったので、今日あたりまた

一雨欲しいところです。

 

f:id:masayan0623:20190327101508j:image

 

さて、今回は日本からやってきた

パンケーキのお店Belle Ville

(ベルヴィル)に潜入。

超大型パンケーキを食べてきました。

 

f:id:masayan0623:20190327101528j:image

 

このベルヴィルは1958年大阪梅田に誕生。

Whity梅田地下商店街の一角に店舗を構えます。

店名の〝ベルヴィル〝は

フランスパリの町から来ているとか。

シンガポールへはここ最近進出してきた模様。

海外初進出を果たしたわけですが、

すでにこちらのメディアやSNS

取り上げられており、すでに2店舗で

営業しています。

 

お店は開放感はありませんが、

コンパクトな中におしゃれな

雰囲気があります。

カフェによくある内装をしています。

 

f:id:masayan0623:20190327101603j:image

 

メニューですが、何といっても

看板メニューのパンケーキに注目が

集まりますが、その前に、

それ以外もクオリティーが高い!

 

f:id:masayan0623:20190327101632j:image

 

まずは、このアメリカンコーヒー

ドリンクセットのチョイスの一つですが、

エチオピア産のアラピカ豆を100%を使用。

ちょうど良い渋み、香りも抜群。

とても飲みやすいこと限りなし。

個人的にシンガポールで飲んだ

コーヒーでも上位に入るテイストでした。

また、このカップがとてもかわいい!

そしてクッキーも添えられて

単品限定にしても十分売れる商品。

セットメニューでオーダできるのは

とても嬉しいですねー。

 

f:id:masayan0623:20190327101651j:image

 

そして、このミックスサンド。

一見よく見かけるミックスサンドですが、

たまごはふわふわ、ハムサンドは

きゅうりと良く合って食べやすい。

使われているパンもパサパサ感なく、

持ちやすい。久しぶりに日本で

食べていたミックスサンドに

再会できました。

 

f:id:masayan0623:20190327101713j:image

 

これがベルヴィルの元祖メニューと

いわれているMillefeuille Pancake。

ミルフィーユパンケーキ)。

使われているミルク、黄いみ、

生クリーム、パターどれにもこだわりを持ち、

毎回生地は独自製法で作り、

焼き上げるとのこと。

このパンケーキがすでに1958年から

食べられたなんて大阪の人は

羨ましいですわー、ほんま。笑

 

f:id:masayan0623:20190327095703j:image

 

今回オーダーしたのは、焼きリンゴと

キャラメルのこちらのパンケーキ。

4段と8段があり、迷わず8段をオーダー。

これがテーブルに運ばれた直後の様子です。

すでにバランスを崩してますねー。笑

焼きりんごやアイス、生クリームが

載せられた部分が重くなってしまったのか

ピサの斜塔の如く傾いてしまってました。

 

f:id:masayan0623:20190327095033j:image

 

さあ、どうやってこぼさずに食べるか?

まずは上に載せられたトッピングを

恐る恐る取り除き、1段目の

パンケーキをもう一つのお皿に

受けて食べることにしました。

 

生地が何ともまろやか!

そして牛乳と卵がしっかり

自己主張して濃厚。

焼きりんごも香ばしさの中に

程よく酸味と甘さがブレンド

され、パンケーキにマッチ。

一気に3段まで食べ終えてました。笑

 

しかし途中から苦しくなり、

ペースダウン。8段まで何とか

完食しましたが、パンケーキ以降、

その日は何も食べられませんでした。涙

 

f:id:masayan0623:20190327125527j:image

 

値段はドリンク、サンドイッチ、

パンケーキで35ドル。日本円で約2800円。

この量で3000円以下ならお得❗️

大満足の3品でした❗️

 

というわけで、今回は

ブギスジャンクションに出来た

大阪発祥のパンケーキ屋さん

ベルヴィルに潜入。ビッグパンケーキを

食べてきたレポでした。

 

最後に店舗情報です。

 

では、また。