まあー、ちょっと立ち寄ってちょ。

海外在住の青年が織り成す日常模様。

逆さ福、紅包、そしてローヘイ

こんにちは。

 

Coszaemonです。

 

 

はじめに

今日のシンガポールはチェイニーズニューイヤー

の2日目。

 

f:id:masayan0623:20190206101341j:image

 

僕のオフィスが入っている

ショッピングモールですが、

昨日以上に閑散状態、、、

 

何も買えませーん。涙

 

チャイニーズニューイヤーによく見る”福グッズ”

 

さて、今回は昨日に引き続き

ニューイヤーネタで昨日、

書ききれなかった部分を補足いたします。

 

f:id:masayan0623:20190206102538j:image

逆さ福

チェイニーズニューイヤーに

自らに福が舞い込んでくるよう

祈るのは万国共通。

しかし、その作法が独特で

写真にあるような“福”の字を

逆さにして(逆さ福と呼びます)

福が落っこちてくるように

願をかけるわけです。

 

いやあー、言われれば

さもありなんですが、この発想に

慣れるまでにしばらく時間がかかりました。

 

f:id:masayan0623:20190206103647j:image

アンパオ

続きまして、ニューイヤーといえば、

お年玉!

(日本へ帰れば"与える”方ですが、、)

こちらではお年玉のことを紅包

(アンパオ)と呼び、年長者が

子供や独身の方に偶数金額で現金を送ります。

 

僕も昨日もらいましたが、

中身は写真のとおり、、、

別に現金がマストではありませんので、、、

 

f:id:masayan0623:20190206104059j:image

魚生

もう一つ忘れてならないのが

ニューイヤーに食べる料理です。

日本ではおせち料理ですが、

こちらでは魚生(ユーシェン)と

呼ばれる刺身と千切り野菜を

大皿に盛り付けたものをみんなで

食べます。

その際、独特の食べ方があり、

集まった人みんなで

 

ローヘイ!

 

と唱えながら、長い箸で

材料を高くすくい上げて

食べます。

 

ここで気合いを入れて

“ローヘイ”と言って

すくい上げないと〝富をすくう〝ことは

できないと怒られるので、毎年

必死にやってます。笑

 

今年のローヘイは明日行う予定です。

頑張ります!

 

というわけで2日間に渡る

チェイニーズニューイヤー

レポートでした。

 

では、また。