まあー、ちょっと立ち寄ってちょ。

海外在住の青年が織り成す日常模様。

ドビーゴートのCoCo壱番屋でカレーとオムレツカレーを食べてみた。

みなさん、こんにちは。

 

Cosazemonです。

 

f:id:masayan0623:20190319130024j:image

 

今日のシンガも晴れ。

日本から帰ってから毎日晴れ晴れ晴れ。

ありがたいです。

水不足は毎日心配してますが、、、、

 

さて、今回はカレー店といえば

頭に浮かぶあのお店、CoCo壱番屋

カレーを食べてみたレポです。

 

CoCo壱番屋の海外展開は1994年。初の海外店舗をハワイ オアフ島にオープンして以来、アジア、東南アジア各国やアメリカ本土に店舗展開を続けています。シンガには現在4店舗が誕生しました。

 

f:id:masayan0623:20190318194059j:image

 

店内のディスプレイ。

これだけ見るとたった8種類かと

思いますが、そうではありません。

店内に入る前にメニューが備えつけて

あり、細かく確認することができます。

 

f:id:masayan0623:20190318195035j:image

 

メニューは開いてビックリ‼️

メインのカレーメニューも

様々なトッピングが可能。

 

f:id:masayan0623:20190319130125j:image

 

また、カレーのみならず

オムレツメニューもありました。

 

CoCo壱=カレー

 

というイメージしかなかった僕には

これを見てかなり驚きました。

 

いつからこんなにメニューが

増えたんでしょう⁉️

 

やるな、CoCo壱❗️❗️

 

f:id:masayan0623:20190319130108j:image

 

さらにサラダも食べられますので

バランス良く食事ができます。

 

f:id:masayan0623:20190319130156j:image

 

さて、オーダーが大変でした。

答えなちゃいけない項目が多すぎ❗️

今回は豚しゃぶのカレーをオーダー

したのですが、オーダー完了までの

流れを以下に示します。

 

1. カレーの辛さも調整。

これは今や常識の世界ですが、

メニューに書かれたレベル5の

〝crazy hot〝とは如何なる辛さか

を思いつつ、素直にいつもと同じ

辛さゼロのマイルドをオーダー。

 

2. ご飯の量については5段階式。

これも世界共通か。

しかし、最高レベルの550gとは

どれくらいの量で出てくるのか、

そんな思いを馳せつつ、現実には

お米は食べすぎないようにしている

ため、スタンダード230gをオーダー。

 

3. 最後にルー。ルーまでカスタマイズ

できるとは、、、

 

実は店員さんからオーダーの際、

ルーの量をどうするのかの質問の

意味が分からず一瞬フリーズしました。汗

 

まさか、ルーの量まで決めなきゃ

いけないなんて想定してませんから、、、

で、これも無難にスタンダードで。

 

やっとのことでオーダー完了。

そして待つこと約10分ぐらい、、、

 

f:id:masayan0623:20190319100838j:image

 

豚しゃぶカレーが目の前に。

CoCo壱は本当に久しぶりなので

懐かしい思いにしばらく駆られる。

 

味は辛いのが苦手な僕にも

ピッタリの味付け。豚しゃぶも

非常に柔らかく滑らかな味わい。

量も見た目以上にボリュームが

あったのでスタンダードで十分でした。

 

f:id:masayan0623:20190319101738j:image

 

オムレツカレーも頼んでみました。

トッピングとしてあさりを入れました。

卵がフワフワでカレーとよく合う。

アサリは身が小さかったので、

もう少し量が欲しかったですが、

歯ごたえがあって美味でした。

 

f:id:masayan0623:20190319102210j:image

 

各テーブルにはこういった

アンケート用紙がありましたので、

書いて出しました。オーダーのシステム

以外は全て最高評価にしました。

 

f:id:masayan0623:20190319102537j:image

 

値段は2品で30.37ドル。日本円で約2400円。

日本ならどちらも1000円以下ですよねー、、

CoCo壱でも割高の洗礼を受けることに

なりました。涙

 

ということで、今回はCoCo壱番屋

久しぶりにカレーとオムレツカレーを

食べたレポでした。

 

最後に店舗情報です。

 

では、また。