まあー、ちょっと立ち寄ってちょ。

海外在住の青年が織り成す日常模様。

パヤレバーのTOAST BOXに潜入してみた。

みなさん、こんにちは。

 

Coszaemonです。

 

f:id:masayan0623:20190313130848j:image

 

今日のシンガは雲が若干ありますが、

晴れの陽気。

日本にいる時に雨が降ったようですが、

この数日は降ってません。

例年比べ雨が少ないですねー。

 

日本はまた寒さが戻ったとか。

三寒四温

体調には十分お気をつけください。

 

さて、今回はシンガの朝食はココ!

というお店に潜入しました。

その名もTOAST BOX。

パン屋さんです。シンプルネーミング。

 

TOAST BOXは2005年に創業開始。

まだまだ立ち上がって15年です。

60年代から70年代広まったナンヤンコーヒー

シンガポール風の濃い目のコーヒー。

〝コピ〝と今では呼ばれています。)

を当時の味を保ちながら提供してます。

 

f:id:masayan0623:20190313132758j:image

 

また、シンガポール名物の

カヤトーストや半熟卵をコピと

合わせて食べるのが定番。

セットメニューも充実しています。

値段は外資系のカフェよりも断然安く、

2ドル(日本円で約160円)。

スタバならスモールサイズでも400円近く

しますから約1/3ぐらいで買えます。

 

ただ通常のブリュードコーヒーより

味が濃いので飲み過ぎは禁物。

胃がやられます。涙

 

こちらの人は味を薄めるために

ミルクを入れるのですが、

そのミルクがフレッシュではなく、

コンデンスミルクなんです。練乳です。

 

これ、甘すぎだろ!!笑

案の定、甘すぎ。

よって僕は注文する時はいつも

ブラックにしています。

 

f:id:masayan0623:20190314095151j:image

 

店内ではコピの粉が販売されています。

自宅用として売られてますが、今まで

購入しているお客様を見たことは

ありません。笑。

 

これ、本当に売れているのか、、、

 

f:id:masayan0623:20190314093406j:image

 

f:id:masayan0623:20190314094721j:image

 

どの店舗もレジ前にはパンを売る

ショーケースがあり、テイクアウトも可能。

ここは日本に良くあるパン屋さんと同じ。

10種類ぐらいあります。

値段は1.2ドル〜3ドルぐらいで

売られてますから日本円で約90円〜240円。

やっぱり日系と違ってローカル店は

値段が安い‼️

 

f:id:masayan0623:20190314100349j:image

 

好きなパン2つとコピか紅茶の

セットメニューも始めた模様。

これが4.6ドル。(日本円で約370円)

これもシンガならお得‼️

 

f:id:masayan0623:20190314095546j:image

 

その他、ラクサ、ナシラマ、チキンカレー

といったメニューも用意されているので、

ランチ時間帯はよく売れてます。

また、このメニューは全てテイクアウト可能。

透明のタッパーに入れてもらえます。

 

f:id:masayan0623:20190314100249j:image

 

今回は注文するとその場で

焼いてくれるカヤトーストをオーダー。

サイズは正直小さいので、おやつとして

買うのがベター。

 

バターとカヤがミックスされた味は

甘すぎずとても食べやすい味。

ただ時々パンがパサついている時が

あるので、そこがマイナスポイント。

値段はトースト1枚で1.8ドル

(日本円で約150円)。

個人的には2枚でこの値段でも

十分採算が取れる気がすると

思う次第ですが、、、

 

今回はパヤレバー駅からすぐの

TOAST BOXへ潜入してみたレポでした。

シンガに来れば至る所で

このTOAST BOXを見かけます。

ローカルな雰囲気を味わえるお店ですので

ぜひ行ってみると良いでしょう。

 

最後に店舗情報です。

 

では、また。