まあー、ちょっと立ち寄ってちょ。

海外在住の青年が織り成す日常模様。

愛知県一色町の一色さかな市場へ潜入してみた。

みなさん、こんにちは。

 

Coszaemonです。

 

今日の愛知県はあいにくの雨。

それでも気温は15℃ぐらいあるとのこと。

雨が降っているので体感温度

もっと低く感じる今日この頃です。

 

f:id:masayan0623:20190309091040j:image

 

さて、今回は愛知県一色町

一色さかな広場へ潜入しました。

(潜入したのはおとといでしたので

この日は快晴でした。)

 

こちらの市場には知多半島

渥美半島で水揚げされた新鮮な魚介類が

その日のうちに集められ、かなり安い

価格で提供されています。

 

f:id:masayan0623:20190309091504j:image

 

まずお邪魔したのがお寿司屋さん。

市場近くのお寿司さんは本当に美味しい!

お寿司屋むさしもその一つ。

 

f:id:masayan0623:20190309091754j:image

 

ネタはご覧の通りの豊富さ。

全て早朝から漁に出かけ、

水揚げされたものばかり。

今回は1番人気である店長お任せコースを

オーダー。

 

f:id:masayan0623:20190309092122j:image

 

見てください❗️It’s beatifulでしょ❗️

写真からもネタの新鮮さが

伝わってくるはず。

 

f:id:masayan0623:20190309092454j:image

 

ネタもso big❗️

しかし、ひと口でするっと

入ってしまう滑らかな味わい。

 

f:id:masayan0623:20190309092712j:image

 

玉子もこの大きさ。

だしが効いていてコクもある。

通常サイズの倍近くはありますねー。

 

f:id:masayan0623:20190309093202j:image

 

追加でうなぎの握りもオーダー。

一色産のうなぎはシンガでも有名で、

毎回行列の出来るお店があります。

滑らかな舌触りと近く柔らかな食感が

たまりませーん❗️

 

f:id:masayan0623:20190309093527j:image 

 

蟹汁がついてきました。

蟹の風味と赤だしがまた見事にマッチ。

蟹の身も同時に楽しめます。

 

f:id:masayan0623:20190309093827j:image

 

続いていかの姿焼き。

海の潮だけで焼き上げます。

塩加減がちょうど良く香ばしくて美味。

 

f:id:masayan0623:20190309094035j:image

 

いかの姿そのままと切ったひと口サイズの

どちらかを選択でき、今回はひと口に

切ってもらいました。

 

f:id:masayan0623:20190309094521j:image

 

塩辛コーナー。

イカの塩辛を推奨され、

辛口と甘口をそれぞれ試食。

甘口が個人的にベターだったので

ビッグサイズの1000円を購入。

シンガに持ち帰りまーす。

 

f:id:masayan0623:20190309194037j:image

 

f:id:masayan0623:20190309194421j:image

 

アサリ、ハマグリ売り場。

伊良湖佐久島

水あげされた数々が所狭しと並んでいます。

値段は1500円〜2000円。

早速味噌汁に入れて食べました。

身がぷりぷりで歯ごたえ抜群でしたー‼️

 

 本当にうますぎるー‼️‼️

 

f:id:masayan0623:20190309193645j:image

 

愛知県といったら坂角のゆかりに

代表される”えびせん”の有名所。

こちら一色さかな広場にもありました❗️

通常このサイズなら600円近くするのが

なんと250円。

このサイズでですよー。

 

3袋即買いですわー。

 

これもシンガに持ち帰りまっす。

 

というわけで、今日は愛知県一色町

一色さかな広場への潜入レポでしたー。

 

最後に店舗情報です。

 

 

では、また。