まあー、ちょっと立ち寄ってちょ。

海外在住の青年が織り成す日常模様。

インドネシア、バタム島に潜入してみた。1日目(出発から到着まで)

みなさん、こんにちは。

 

Coszaemonです。

 

f:id:masayan0623:20190301084028j:image

 

早くも3月突入❗️❗️

今月もよろしくお願いします❗️❗️

 

昨日からインドネシア

バタム島に来ています。

バタム島はシンガから

わずか20kmの距離にある島。

人口が約110万人少々でマレー人が

8割と最も多く、中国系と地元の

ラウト族が残りを占めて生活して

います。

 

シンガからは高速船が1日4往復しています。

まずはタナメラ駅からタクシーか

バスでフェリーターミナルを目指します。

バスの場合は35番に乗ると約15分で

到着します。値段はタクシーなら

約10ドル(日本円で約800円)。

バスなら約2ドル(日本円で約160円)。

全然違う!笑

 

f:id:masayan0623:20190301084212j:image

 

フェリー乗り場に到着。

早速チェックインへ向かいます。

 

f:id:masayan0623:20190301084622j:image  

 

フェリー乗り場は意外に

大きくてきれい。

 

f:id:masayan0623:20190301090545j:image

 

バタム行きだけでなく、

ビンタン島や周辺の島々行きの

定期船がこのターミナルから

出ています。

 

f:id:masayan0623:20190301084959j:image 

 

フェリー会社のカウンターは

4社ありました。

予約はインターネットで

事前予約して、当日乗船券を

もらうシステムとなっています。

 

今回左側のbatamfast.comで予約。

 

f:id:masayan0623:20190301085206j:image

 

予約確認表だけでサクッと

チェックイン完了。乗船券は

レシートタイプで帰りの分まで

一括で発行されました。

 

f:id:masayan0623:20190301085851j:image

 

出発前には軽食や新聞、雑誌も

購入できるので大変便利。

 

f:id:masayan0623:20190301090134j:image

 

ここからは写真禁止。

では、シンガを出国してきまーす。

 

f:id:masayan0623:20190301090308j:image

 

出国すると小規模の免税店があります。

アルコール類ばかりでしたねー。

 

f:id:masayan0623:20190301090625j:image

 

今回乗船する船がこちら。

船名がBatamfast。

分かりやすいネーミング。

小型の高速船です。

 

f:id:masayan0623:20190301090828j:image

 

船内は約100人ぐらい乗れる

スペースで冷房が効きすぎて

かなり寒い。

外の方が気持ちいいです。

 

f:id:masayan0623:20190301091123j:image

 

30分もするとバタム島が

徐々に姿を現してきます。

 

f:id:masayan0623:20190301091239j:image

 

45分ぐらいでバタム島到着。

あっという間です。

ここからさらに時差が1時間発生。

たった45分で時差があるんですねー。

不思議な感覚。

 

f:id:masayan0623:20190301091844j:image

 

インドネシアへ入国しまーす。

空港の入国なら列ができますが、

船はそれに比べるとさほど

時間はかからないかと思います。

 

f:id:masayan0623:20190301092550j:image

f:id:masayan0623:20190301092316j:image

 

バタム島のフェリー乗り場。

シンガより大きくてきれい、

入国するとすぐにスタバが

見えます。値段もシンガの

約半額ぐらい。

帰りに立ち寄っていこーっと。

 

というわけで、今回はシンガから

バタム島到着までをレポしました。

 

明日は1日目のホテルから

ディナーまでをお届けする予定です。

 

では、また。