まあー、ちょっと立ち寄ってちょ。

海外在住の青年が織り成す日常模様。

スタミナ料理、肉骨茶(バクテー)の人気店、SONG FAへ潜入

みなさん、こんにちは。

 


Coszaemonです。

 

f:id:masayan0623:20190204005035j:image

 

 

はじめに

 

今日のシンガポールも風が穏やかで

過ごしやすい1日でした。

先週末は日本へ戻って、

いきなりの寒波。

くしゃみ連発と気温差に

速攻でノックアウト。

気力を振り絞って仕事していました。涙。

それに比べるとシンガはまさに天国です。

 

ありがたや~、ありがたや~

 

 

肉骨茶のお店へ。気になる店内は、、、

 

さて、シンガに戻って来てから

少し栄養が不足気味と思い、

シンガのローカルフードである

肉骨茶(バクテー)を食べにいきました。

場所はダウンダウンのサマセット。

MRT(シンガポールに走る電車)の

サマセット駅からは徒歩10分圏内。

The center point という建物の2Fに

構える SONG FA というお店。

ここが実においしく出張帰りには

よく訪れます。

 

店内は、シンガポールの昔の雰囲気を

感じさせ、ニンニクの効いたスープの

匂いが舞い込んでくるので

食欲が増してきます。

 

f:id:masayan0623:20190202232724j:image

 

 

肉骨茶ついて、簡単にご説明を。

 

シンガポールがまだマレーシアの

一部だった頃、 イギリスの植民地だった

マレーシアには中国本土から

多くの中国人(福建人)が

出稼ぎに来ていました。

彼らは苦力(くーりー)として

肉体労働に従事し、仕事前から

安くてスタミナをつける必要がありました。

ある日、故郷の料理を参考に、

 「削ぎ落としきれなかった肉片のついた骨」

を譲り受け、

にんにくと漢方で煮たスープをご飯にかけて

食べたのがはじまりと言われています。

こうして、にんにくの効果でスタミナ源の

確保と、漢方の効果で滋養強壮を

兼ね備えたこの肉骨茶が彼らにとっての

ローカルフードになりました。

 (参考https://www.bakuteh.jp/

 

 

 

f:id:masayan0623:20190202233103j:image

 

 

食べてみた感想


豚肉も実にやわらかく、骨も専用の

ケースに捨てられるので便利。

スープも無料で足してくれるので、

なくなることは皆無。

そのうち身体がポカポカして

くるようになり、今の寒い

日本にもぴったり。

 

f:id:masayan0623:20190202232741j:image

 

 

気になるお値段は

 

このお店の肉骨茶は他店より安く、

2ピースで7.5ドル(日本円で600円)、

4ピースで9.5ドル(日本円で760円)。

肉も味が全体に沁みてニンニクと

胡椒が効いたスープと完璧にマッチします。


2人でごはんと野菜と加えて

しめて 19ドル(日本円で1500円)は

物価高のシンガポールではお得です。

 

f:id:masayan0623:20190202232848j:image

 

 

お土産用の肉骨茶スープも販売されています

 

レジ前には肉骨茶のスープも

販売されているので旅行で

来た方も家で作れますよ。

 


というわけで、今回は

シンガポールの代表ローカルフード

の一つである肉骨茶でした。

 


シンガポールに来た時には

ぜひ思い出して食べて

いただきたい一品です。

 

 

SONG FAの店舗案内

詳しい店舗案内は下記より。

 

#02-29/30
176 Orchard Road
Singapore 238843
Nearest MRT: Somerset

Tel: +65 6734 8498

10.30am – 9.30pm (Open Daily)

 

それでは、また。